2132 アイレップ
業績: -
単位 -株
PER PBR 利回り 信用倍率

銘柄ニュース

戻る
2016年01月07日16時48分

アイレップ Research Memo(11):構造見直し効果による業績改善を背景に総資産増加、収益性指標は改善


■財務状態

アイレップ<2132>の2015年9月末時点の総資産残高は前期末比2,318百万円増加し14,820百万円となった。主な増加要因は、構造見直し効果による業績改善を背景として、現金及び預金で286百万円、売上債権で1,804百万円の増加となったことによる。

負債は前期末比2,022百万円増加し10,582百万円となった。買掛金の増加1,800百万円等が主要因。また、純資産は当期純利益319百万円の計上に伴い利益剰余金が277百万円増加したことなどにより、前期末比296百万円増加の4,237百万円となった。

2015年9月期末の現金及び現金同等物は、前期末比286百万円増加の3,617百万円となった。これは、投資活動によるキャッシュ・フロー(366百万円の支出)と財務活動によるキャッシュ・フロー(42百万円の支出)がほぼ前年並みの水準となったのに対して、営業活動によるキャッシュ・フローが675百万円の収入となったことによる。

経営指標を見ると、健全性を表す流動比率、自己資本比率は前期に比べ若干低下したものの、収益性を表す自己資本当期純利益率(ROE)、総資産経常利益率(ROA)は構造見直しの効果顕在化による収益回復により若干改善する結果となった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均