2127 日本M&Aセンター 東証1 15:00
2,950円
前日比
-135 (-4.38%)
比較される銘柄: 電通ストライクM&Aキャピ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
43.1 11.89 0.92 3.12

銘柄ニュース

戻る
2016年02月02日07時39分

日本M&Aセンター---第3四半期営業益16.8%増、進捗率は86.2%に


日本M&Aセンター<2127>は1月29日、2016年3月期第3四半期(15年4-12月)決算を発表。売上高が前年同期比22.8%増の112.78億円、営業利益が同16.8%増の57.90億円、経常利益が同18.6%増の59.27億円、四半期純利益が同24.5%増の39.41億円だった。

4-12月のグループの成約件数は327件(前年同期は251件)、10-12月の成約件数は118件(同101件)と第3四半期累計期間としても1四半期単位としても過去最多の成約件数となっている。グループの情報ネットワークを構成する会計事務所や金融機関等から紹介される情報開発ルートと、セミナー企画等に基づき経営者からダイレクトにコンタクトする情報開発ルートの双方を有しており、絶え間ない案件情報開発が可能となる。

16年3月期通期については、売上高が前期比8.8%増の133.00億円、営業利益が同10.0%増の67.10億円、経常利益が同6.3%増の67.10億円、当期純利益が同11.6%増の44.10億円とする期初計画を据え置いている。通期計画に対する第3四半期営業利益の進捗率は86.2%となる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均