2121 ミクシィ 東証M 15:00
3,840円
前日比
-75 (-1.92%)
比較される銘柄: ガンホーコロプラディーエヌエ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
5.8 2.45 3.36 1.27

銘柄ニュース

戻る
2015年12月21日14時13分

ミクシィが小反発、国内有力処は新規サービスのポテンシャルは高いと評価し「買い」継続

 ミクシィ<2121>が小反発。ただ、上値は重く朝安後は前週末終値をはさんで小動きとなっている。

 いちよし経済研究所は、同社の「モンスト」について、今後も当面は「初心者パック」の投入効果により売上高についても安定的に推移すると予想されるものの、徐々にその効果は逓減していくとみている。今後の業績予想を保守的に見直し、フェアバリューも8000円から7300円へ若干引き下げられた。ただ、新規サービスのポテンシャルは高いと評価し、レーティングは最上位の「A」(買い)を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均