1967 ヤマト 東証1 15:00
687円
前日比
-6 (-0.87%)
比較される銘柄: 川崎設備ダイダンE&C
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.8 0.69 1.75 10.04

銘柄ニュース

戻る
2018年06月24日19時57分

ヤマト<1967>のフィスコ二期業績予想


※この業績予想は2018年6月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ヤマト<1967>

3ヶ月後
予想株価
800円

群馬県を地盤に関東・東北で事業を展開する設備工事会社。空調・衛生や水処理設備、電気・通信、冷凍・冷蔵設備などに関する工事・メンテナンスを行う。昨春に高砂熱学工業と資本業務提携。18.3期は増収・二桁増益。

主力の空調・衛生工事が堅調。建築・土木工事も伸びる。だが水処理関連工事や電気・通信工事が一服。労務費高や資機材高も重石に。19.3期は利益反落を予想。配当は維持。株価は指標面の割安感から底堅い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/45,000/2,800/3,000/2,050/78.35/12.00
20.3連/F予/45,500/3,100/3,300/2,240/85.61/12.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/11
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均