1967 ヤマト 東証1 15:00
559円
前日比
+9 (+1.64%)
比較される銘柄: 川崎設備ダイダンE&C
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.6 0.68 1.79 12.36

銘柄ニュース

戻る
2016年01月29日10時24分

ヤマトが急伸、受注環境好転や生産システム合理化等により工事採算性改善

 ヤマト<1967>が急伸。同社は昨日引け後、16年3月期連結業績予想の上方修正を発表。売上高は従来予想の400億円から410億円(前期比5.4%増)に、営業利益は同17億5000万から22億円(同36.7%増)に引き上げている。

 受注環境の好転や生産システムの合理化などにより、工事採算性が改善したと発表。あわせて年間配当(期末一括)を、前回予想の8円から2円増額の10円(前期実績は8円)としている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均