1925 大和ハウス工業 東証1 15:00
3,214.0円
前日比
+7.0 (+0.22%)
比較される銘柄: 積水ハウス住友林パナホーム
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.7 1.76 2.64 1.34

銘柄ニュース

戻る
2016年06月28日12時32分

大和ハウスが続伸、国内大手証券は消費増税延期を考慮し、18年3月期の営業利益予想を上方修正

 大和ハウス工業<1925>が続伸。現在は今日の高値圏で推移している。今日は大和証券が同社についてリポートをリリースしている。

 リポートによると、17年4月に予定されていた消費増税が延期される見通しになったことを踏まえ、業績予想を見直した、としている。18年3月期は駆け込み需要の反動減や増税による需要の停滞を想定する必要がなくなったため、営業利益を従来予想比30億円増の2680億円(前期比5%増)に上方修正。19年3月期営業利益の目標値を2800億円としている第5次中期経営計画で、不動産開発投資が7000億円(うち海外1000億円)へ拡大する予定であることについては、物流施設は市場で供給過剰リスクを懸念する声もあるものの、好立地で先進的な大型物流施設には、依然として強い需要があるようだと解説。

 投資判断は「2」(アウトパフォーム)を継続。目標株価は3400円から3500円へ調整している。
《MK》

株探ニュース



日経平均