1924 パナホーム 東証1 15:00
789円
前日比
-16 (-1.99%)
比較される銘柄: 積水ハウス大和ハウスミサワホーム
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.1 0.89 1.15

銘柄ニュース

戻る
2016年07月29日10時35分

パナホームが東証1部値下がり率トップ、第1四半期営業赤字幅拡大を嫌気

 パナホーム<1924>が大幅続落し、10時30分現在で東証1部の値下がり率トップとなっている。28日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高692億8400万円(前年同期比7.7%増)、営業損益25億900万円の赤字(前年同期16億5400万円の赤字)、最終損益19億4500万円の赤字(同14億5400万円の赤字)となり、赤字幅が拡大したことが嫌気されている。

 賃貸住宅が相続税制改正に対する関心の高さから、都市部を中心に堅調な需要が継続し、増収を確保したが、先行投資による固定費の増加が損益を悪化させたという。

 なお、17年3月期通期業績予想は、売上高4000億円(前期比13.3%増)、営業利益215億円(同35.6%増)、最終利益133億円(同32.3%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均