1885 東亜建設工業 東証1 15:00
1,920円
前日比
+33 (+1.75%)
比較される銘柄: 五洋建不動テトラ東洋建
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.56 9.48

銘柄ニュース

戻る
2015年12月16日07時31分

前日に動いた銘柄 part1:曙ブレーキ、ケーヒンなど


銘柄名<コード>⇒15日終値⇒前日比

アインHD<9627> 5620 +190
好業績を支えに押し目買いの動きにも。

曙ブレーキ<7238> 319 +9
遅れていた決算発表、下方修正もアク抜け感に。

ユアテック<1934> 1100 -79
一目均衡表の雲上限割り込む。

マイクロニクス<6871> 1268 -69
リバウンド一巡感で個人投資家の見切り売り。

タカラトミー<7867> 741 -40
いちよし証券の新規買い推奨をきっかけに上昇の反動。

東亜建設<1885> 314 -16
特に材料も観測されず信用買い方の処分売りなどか。

コア<2359> 1241 +203
自動運転や宇宙関連としてのテーマ性などに関心高まり。

東芝テック<6588> 419 +35
東芝が株式持ち分を売却検討とも伝わる。

アイスタイル<3660> 2038 +131
業績上振れ期待などで上値追いの動きが継続。

くらコーポ<2695> 4505 +250
いちよし証券ではフェアバリューを引き上げへ。

ケーヒン<7251> 2116 +125
希望退職者募集など事業体質強化策を発表。

日新電機<6641> 1067 +62
信用倍率0.3倍台で買戻しが優勢か。

カプコン<9697> 2928 +87
明確な材料は見当たらないが「モンハン」などへの期待感も。

アクリーティブ<8423> 503 +10
訪日外客数発表を控えてインバウンド関連に関心も。

日本商業開発<3252> 1804 +34
通期営業益は47.8億円から61億円に増額へ。

オカモト<5122> 1100 +40
1000円レベルが心理的な支持線にも。

クックパッド<2193> 2569 +10
外部環境の不透明感から好業績のディフェンシブ株として。

藤田観光<9722> 547 +10
インバウンド関連の一角として関心向かうか。

イオンFS<8570> 2729 +37
業績上振れ期待など背景に押し目買いなども。

レオパレス<8848> 681 +14
来期の増配期待などもはやす。

マツキヨHGD<3088> 6010 +40
インバウンド関連の一角には押し目買いの動きも。

日本ハウスHLDG<1873> 418 -45
今期の減益・減配見通しを嫌気。

アーレスティ<5852> 746 -57
もみ合い下放れで見切り売り優勢に。

神栄<3004> 167 -25
短期的な過熱警戒感から短期資金の利食い売り優勢に。

伊予銀行<8385> 1108 -56
野村證券では目標株価を引き下げている。

堺化学<4078> 408 -20
岩井コスモの新規買い推奨などで上昇してきた反動も。

保土谷<4112> 233 -11
特に材料ないが短期資金の換金売りか。

NOK<7240> 2932 -138
携帯向け電子部品関連株安の流れ波及も。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均