1861 熊谷組 東証1 15:00
307円
前日比
+7 (+2.33%)
比較される銘柄: 安藤ハザマ鹿島西松建
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.2 1.64 1.30 13.31

銘柄ニュース

戻る
2016年06月23日14時22分

熊谷組が急反発、国内大手証券はバリュエーションの回復が徐々に進むと考え「買い」継続

 熊谷組<1861>が3日ぶりに急反発。現在は今日の高値圏で推移している。

 大和証券がリポートをリリース。17年3月期営業利益の会社計画は169億円(前期比31.1%減)と大幅減益予想としていることについて、過度に保守的な計画と見られると指摘。同証券では、17年3月期連結営業利益を248億円(前期比1%増)と予想。

 同証券ではまた、横浜市のマンション問題の処理に目途が立ったため、バリュエーションの回復が徐々に進むと考え、投資判断は「1」(買い)を継続。目標株価は440円から450円へ引き上げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均