1861 熊谷組 東証1 15:00
292円
前日比
-2 (-0.68%)
比較される銘柄: 安藤ハザマ鹿島西松建
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.8 1.56 1.37 23.39

銘柄ニュース

戻る
2015年11月12日11時01分

熊谷組が買い一巡後売られる、通期業績予想を上方修正も利食いと戻り待ちの売り優勢

 熊谷組<1861>が反落、買い一巡後に値を消す。ほぼ寄り天の形となっており、現在は本日の安値圏で推移している。
 同社は昨日引け後、16年3月期連結業績予想の上方修正を発表。売上高は従来予想の3500億円から3420億円(前期比5.5%減)に引き下げたものの、営業利益は同119億円から155億円(同3.8%減)に、純利益は同81億円から102億円(同86.9%増)に引き上げている。
 完成工事高は前回予想より減収となるものの、土木事業、建築事業とも工事の採算が改善したことから、完成工事総利益が前回予想を上回る見通しになった。
 ただ、信用買い残が2000万株近くあり信用倍率が13倍を超えていることから、一部で「利食い売りや戻り待ちの売りが多く出ている」との見方が出ているようだ。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均