1861 熊谷組 東証1 15:00
292円
前日比
-2 (-0.68%)
比較される銘柄: 安藤ハザマ鹿島西松建
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.8 1.56 1.37 23.39

銘柄ニュース

戻る
2015年08月28日07時29分

熊谷組---今期は好調スタート


熊谷組<1861>は準大手ゼネコン。土木は道路・鉄道分野、社会インフラ、老朽化対策などが重点分野。建築は商業・物流・医療・福祉分野などのシェア拡大を目指している。

2016年3月期は売上高で前期比3.3%減の3,500億円、経常利益で同26.6%減の115億円と減収減益が見込まれている。ただし、第1四半期は売上高が前年同期比1.9%減の779.61億円、経常利益が同120.6%増の40.34億円と好調スタート。前期に7期ぶりの復配となった1株あたり配当は、前期と変わらずの2.0円が予想されている。

なお、2018年3月期を最終年度とする中期経営計画は売上高で3,800億円、営業利益で158億円、経常利益で154億円、ROE10%以上(2015年3月期は10.9%)。国内事業の強化はもちろん、台湾、ベトナム、ミャンマーを中心とした海外展開及びPPP事業などへの取組みを拡大していく。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均