1852 淺沼組 東証1 15:00
354円
前日比
-2 (-0.56%)
比較される銘柄: 大林組鹿島前田建
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
5.1 1.14 1.69 3.10

銘柄ニュース

戻る
2016年02月12日07時32分

前日に動いた銘柄 part1:日医工、ヤマハ発など


銘柄名<コード>⇒2月10日終値⇒前日比

タカラトミー<7867> 706 +20
通期予想下方修正も悪材料出尽し感で。

京セラ<6971> 4526 +94
KDDI株の売却などもポジティブ視か。

神戸物産<3038> 1758 -500
引き続きインサイダー取引疑惑を懸念視で。

ノーリツ鋼機<7744> 385 -72
引き続き大幅な減損の計上をマイナス視へ。

東洋建設<1890> 449 -83
場中に発表の第3四半期決算受けて出尽し感も。

U?NEXT<9418> 818 -138
通期営業利益は14.2億円から10億円に下方修正。

東京計器<7721> 165 -25
場中に決算発表、通期営業益は27.4億円から15.1億円に減額。

日本トムソン<6480> 386 -55
通期営業利益は37億円から28億円に下方修正。

日本コンクリート<5269> 248 -31
決算発表接近で信用買い方の処分売りも。

フィデアHD<8713> 173 -21
前日発表の決算もやや期待値達せずか。

三井海洋<6269> 1453 +153
前期実績は上振れ着地、今期も大幅増益見通しに。

TOWA<6315> 594 +22
通期営業利益は9億円から15億円に上方修正。

日本写真印刷<7915> 2154 +264
10-12月期決算は想定以上、過度な懸念後退へ。

SMC<6273> 25155 +1695
第3四半期の順調な決算好感、ファナックの自社株買いも連想へ。

富士石油<5017> 270 +20
通期業績下方修正もアク抜け期待が先行。

PCデポ<7618> 963 +51
通期経常利益は38億円から40億円に上方修正。

ホシデン<6804> 572 +38
あらためて10-12月期黒字転換を受けた買戻しも。

ダイキョーニシカワ<4246> 1772 +65
第3四半期好決算受け野村證券では目標株価引き上げ。

日医工<4541> 2656 +126
第3四半期累計業績は通期計画比で高い進捗率に。

SUMCO<3436> 671 +32
第4四半期業績は会社計画を上回る着地に。

ヤマハ発<7272> 1844 +94
カリヨン証券では投資判断を格上げへ。

島津<7701> 1733 +92
10-12月期は市場予想を上回る着地に。

ABCマート<2670> 6210 +190
売り方の買戻しなど需給面が主導か。

スルガ銀<8358> 1781 +1
第3四半期累計2ケタ増益と順調推移が続く。

資生堂<4911> 2206.5 +74.0
決算を嫌気して9日に急落の反動も。

日本信号<6741> 841 -217
通期営業利益は93億円から70億円に下方修正。

太平洋セメント<5233> 242 -53
通期営業利益は660億円から600億円に下方修正。

KLab<3656> 505 -79
引き続き四半期業績見通しをマイナス視する動きに。

バンダイナムコ<7832> 2183 -307
通期営業利益は500億円から430億円に下方修正。

太平電業<1968> 1015 -193
通期営業利益は49.3億円から47.2億円に減額。

三菱マテ<5711> 293 -43
通期営業利益は830億円から720億円に下方修正。

浅沼組<1852> 237 -39
第3四半期累計で大幅増収増益決算も想定線で。

共立メンテ<9616> 7790 -330
第3四半期順調な決算発表も想定どおり。

セイコーHLDG<8050> 451 -56
通期営業利益は160億円から140億円に減額。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均