1852 淺沼組 東証1 15:00
352円
前日比
+12 (+3.53%)
比較される銘柄: 大林組鹿島前田建
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
5.1 1.14 1.70 5.14

銘柄ニュース

戻る
2015年08月27日11時32分

浅沼組が続急騰、1Q営業益進捗率76%で人気継続、9年半ぶり300円突破

 浅沼組<1852>が続急騰、短期資金の攻勢で商いも急増し一気に300円台に乗せてきた。株価の300円台復帰は2006年2月以来、9年半ぶりで、実質的に戻り売り圧力から解放されていることが強みだ。関西を地盤に民間建築を主力とするが、耐震改修などに強みを持ち官公庁建築などでも実績を持つ。15年4~6月期営業利益は前年同期比3倍強となる15億9600万円、通期見通し21億円に対する進捗率は76%に達している。株価はこの第1四半期の好業績発表を受け今月10日にマドを開けて買われたが、前週来の全般相場暴落局面でもこのマドを埋めることなく強さを発揮したことで、改めて個別材料株の物色対象として投機筋の食指を動かしているようだ。

浅沼組の株価は11時30分現在327円(△40円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均