1833 奥村組 東証1 15:00
657円
前日比
-3 (-0.45%)
比較される銘柄: 鹿島大成建西松建
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.1 0.93 3.81 7.59

銘柄ニュース

戻る
2015年12月09日13時56分

パスコが年初来高値、造成工事現場でのドローン適応実証実験で高い成果

 パスコ<9232>が続伸、一時前日比11円高の376円まで買われ年初来高値を更新した。

 同社はこの日、奥村組<1833>の造成工事現場において、UAV(小型無人機、ドローン)を活用した工事進捗管理への適応実証実験を行い、高い成果を上げたことを発表した。今回、UAVを用いた現況測量で、土量管理に必要な10センチメートル以内の精度を確保し、計測(撮影)業務からモデル化までの作業時間を大幅短縮することを実現した。造成工事では、作業効率の向上と工期やコスト削減が課題のひとつとなっており、UAVの活用進展が期待される。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均