貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
日経平均株価の構成銘柄。同指数に連動するETFなどファンドの売買から影響を受ける側面がある
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
鹿島の【株価予想】【業績予想】を見る

1812鹿島

東証1
1,220円
前日比
-40
-3.17%
比較される銘柄
大成建, 
清水建, 
大林組
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.6 0.80 4.10 5.83

銘柄ニュース

戻る

大林組が好決算受け5%強の上昇、政策期待など背景に建設株全般買い優勢の展開

 大林組<1802>が一時5%強の上昇をみせた。きょう前場取引終了後、19年3月期第3四半期累計(18年4~12月)の連結決算を発表。売上高は1兆4825億1300万円(前年同期比8.1%増)、営業利益は1065億5000万円(同7.8%増)、最終利益は791億7500万円(同4.5%増)と増収増益だった。好採算案件の完成工事が高水準で、海外子会社も収益に貢献している。今後は政府が推進する国土強靱化計画が商機拡大につながるほか、首都圏を中心とした再開発需要も収益を後押しするとみられる。きょうは清水建設<1803>や鹿島<1812>など他の大手ゼネコン株も高く、業種別騰落率でも建設セクターは値上がり上位に食い込んでいる。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均