1802 大林組 東証1 15:00
1,136円
前日比
+17 (+1.52%)
比較される銘柄: 大成建鹿島清水建
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.3 1.19 2.46 11.93

銘柄ニュース

戻る
2017年03月21日21時50分

大林組<1802>のフィスコ二期業績予想


大林組<1802>

3ヶ月後
予想株価
1,000円

大手ゼネコンの一角。東京スカイツリー等で施工実績。省エネや免震・制震技術など先進的な技術開発力が強み。海外比率引き上げに注力。建設事業は堅調。国内工事は工事利益率が改善。17.3期3Qは2桁増益。

東京五輪関連の竣工ピークで完成工事高は増加へ。18.3期は利益横ばいの公算。工事粗利益率が若干低下する可能性。成長期待は乏しいが、セクター内では割安感があるため、選別物色が株価を下支えする展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.3期連/F予/1,865,000/118,000/122,000/83,000/115.04/18.00
18.3期連/F予/1,880,000/118,000/121,000/82,000/113.65/18.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/02/28
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均