1801 大成建設 東証1 15:00
825円
前日比
-4 (-0.48%)
比較される銘柄: 大林組鹿島清水建
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.4 1.87 1.94 5.05

銘柄ニュース

戻る
2016年06月28日13時20分

ゼネコンはじめ建設株が軒並み高、政策期待で業種別値上がり率トップ

 大成建設<1801>が続伸し年初来高値目前まで上昇したほか、大林組<1802>、清水建設<1803>、鹿島<1812>などゼネコン株が上昇。西松建設<1820>、前田建設工業<1824>など準大手・中堅クラスも軒並み高となり、建設セクターは業種別騰落率で33業種中値上がりトップに買われている。

 全体相場は後場プラス圏に浮上、内需株主導で物色資金を引き寄せているが、そのなか建設セクターは安倍政権の財政出動による景気対策発動で収益機会を享受する関連最右翼とみられており、買いに勢いがついている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均