1801 大成建設 東証1 15:00
833円
前日比
+1 (+0.12%)
比較される銘柄: 大林組鹿島清水建
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.6 1.89 1.92 4.55

銘柄ニュース

戻る
2015年12月22日10時47分

建設株が買い集める、来年度予算過去最大96.7兆円規模で公共事業増額

 大成建設<1801>、大林組<1802>、鹿島<1812>など大手ゼネコンをはじめ、西松建設<1820>、前田建設工業<1824>など建設株に買いが集まり、業種別値上がり率でも上位に買われている。

 政府は2016年度予算案の一般会計の総額を過去最大規模の96兆7200億円程度とする方針を固めたと各メディアが報じている。そのなか公共事業費は防衛費と並んで4年連続の増額となったことが伝わり、建設株は国策の追い風が手掛かり材料として意識されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均