1724 シンクレイヤ JQ 15:00
694円
前日比
+3 (+0.43%)
比較される銘柄: ソルコムJESCO神田通機
業績: -
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.6 1.41 1.15 28.42
決算発表予定日  2018/11/13

銘柄ニュース

戻る
2018年08月13日07時32分

前日に動いた銘柄 part2:メルカリ、Eストアー、ビーイングなど


銘柄名<コード>⇒10日終値⇒前日比

サンドラッグ<9989> 4185 -475
第1四半期営業益はほぼ前期並みにとどまる。

浅沼組<1852> 339 -41
第1四半期は8割の経常減益決算に。

クックパッド<2193> 427 -47
決算受けてSMBC日興証券では目標株価を引き下げ。

ユニデンHD<6815> 303 -24
第1四半期2ケタ増益も期待値には届かず。

アルファCo<3434> 1476 -167
第1四半期の2ケタ減益決算をマイナス視。

ホソカワミクロン<6277> 6880 -600
通期上方修正も市場の期待値に届かず。

飯田GHD<3291> 1990 -150
第1四半期営業減益決算を嫌気。

東洋建設<1890> 430 -21
第1四半期は2ケタ減収減益となり。

アルバック<6728> 3950 -400
半導体株安の流れが波及へ。

日本トムソン<6480> 763 -123
決算発表控えて警戒感も先行か。

ジャパンマテリアル<6055> 1458 -163
決算受けて9日に急騰の反動。

熊谷組<1861> 3285 -235
第1四半期2ケタ減益で進捗率も低く。

SUMCO<3436> 2209 -110
投資判断引き下げで米半導体関連株が軟化。

スルガ銀行<8358> 851 -76
純利益の通期計画比進捗率は低く。

国際石油開発帝石<1605> 1186 -48.5
通期業績上方修正もインパクトは乏しく。

ダイフク<6383> 5460 +260
引き続き第1四半期決算を受けての先行き懸念後退で。

富士フイルム<4901> 4820 +161
決算と同時に発表した自社株買いを評価。

キョウデン<6881> 636 +89
第1四半期は7割の営業増益に。

SECカーボン<5304> 17920 +1680
引き続き第1四半期好決算を評価の動き。

フライト<3753>990 -176
第1四半期の赤字転落を嫌気。

ゼニス羽田<5289> 292 -46
第1四半期は5割の経常減益に。

三精テクノ<6357> 1452 -194
第1四半期好決算だが出尽くし感優勢に。

ミクシィ<2121> 2609 -226
19年3月期第1四半期の営業利益45.4%減。

マクドナルド<2702> 4970 +35
18年12月期第2四半期の営業利益41.6%増。

UTGROUP<2146>3835 -155
19年3月期第1四半期の営業利益78.4%増も進捗率23.6%で。

ユニバーサル<6425> 4050 +255
18年12月期第2四半期は営業赤字縮小、純損益は黒字転換。

メルカリ<4385> 4225 -510
18年6月期営業損失44.22億円、赤字拡大。

そーせい<4565> 1369 ±0
19年12月期に業績改善との予測発表。

Eストアー<4304> 1103+150
516万5902株の自社株消却、19年3月期第1四半期営業利益は33.5%増。

ビーイング<4734> 638 +100
19年3月期第1四半期の営業利益2.66億円、黒字転換。

モブキャスト<3664> 571 +80
18年12月期第2四半期営業損失0.72億円、赤字幅縮小。

シンクレイヤ<1724> 655+100
18年12月期第1四半期営業利益1.62億円、進捗率85.3%。

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均