1605 国際石油開発帝石 東証1 15:00
1,175.0円
前日比
-3.0 (-0.25%)
比較される銘柄: 石油資源JX海洋掘削
業績: 今期予想
鉱業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
66.0 0.62 1.53 0.68

銘柄ニュース

戻る
2016年07月13日09時13分

国際帝石、海洋掘削などカイ気配スタート、WTI原油急伸で米エネルギー株大幅高の流れ引き継ぐ

 国際石油開発帝石<1605>、日本海洋掘削<1606>、石油資源開発<1662>などがいずれもカイ気配スタートで大幅高、原油市況動向とリンクするNEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブルETN<2038>などもカイ気配で値を切り上げている。

 OPECが12日開示した7月の月報で2016年の世界の石油生産量の見通しを下方修正、需給が引き締まるとの思惑から同日のWTI原油先物価格は急反発、1バレル=46ドル80セントと2ドル以上の上昇をみせた。これを受けて米国株市場ではエクソン・モービルやシェブロンなどのエネルギー関連株が大幅上昇し、S&P500指数最高値更新の原動力となった。東京市場でもこの流れが波及し、資源エネルギー関連全般に買いが集中する展開となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均