1605 国際石油開発帝石 東証1 15:00
1,198.5円
前日比
+9.5 (+0.80%)
比較される銘柄: 石油資源JX海洋掘削
業績: 今期予想
鉱業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
67.3 0.64 1.50 0.64

銘柄ニュース

戻る
2016年02月15日10時50分

国際帝石、石油資源など石油関連株が軒並み高、WTI価格の急反発を好感

 石油関連株が軒並み高。国際石油開発帝石<1605>が4日ぶりに値を上げ一時、前週末に比べ一時6%高と上昇しているほか、石油資源開発<1662>が5日ぶりに上伸、JXホールディングス<5020>も値を飛ばしている。

 12日のWTI原油先物価格は急反発し、終値ベースで前日比3ドル23セント高の29ドル44セントまで上昇した。アラブ首長国連邦(UAE)エネルギー相による、「石油輸出国機構(OPEC)は他の産油国と協力する用意がある」との発言が好感された。また、米国の石油リグ稼働数が減少したことも、原油の需給改善要因として評価された。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均