1605 国際石油開発帝石 東証1 15:00
1,248.0円
前日比
+49.5 (+4.13%)
比較される銘柄: 石油資源JX海洋掘削
業績: 今期予想
鉱業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
70.1 0.66 1.44 0.64

銘柄ニュース

戻る
2015年11月18日14時13分

国際帝石など資源エネ関連が安い、ドバイ原油40ドル大台割れを嫌気

 国際石油開発帝石<1605>、石油資源開発<1662>などが売られ、業種別では両銘柄が指数構成に採用される鉱業セクターの値下がり率が際立っている。中国の景気減速懸念に加え、中東産油国の増産継続で原油市況が下げ止まらず、アジア指標であるドバイ原油は17日に1バレル=39ドル60セントと40ドルの大台を割り込み08年末以来7年ぶりの水準まで下落した。これを受けて原油価格の下落が収益デメリットとなる国際帝石など資源エネルギー関連が売り直されるかたちとなった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均