1518 三井松島産業 東証1 15:00
1,422円
前日比
+14 (+0.99%)
比較される銘柄: 住石HD日本コークス出光興産
業績: 今期予想
鉱業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
92.9 0.66 1.17

銘柄ニュース

戻る
2016年07月01日07時37分

前日に動いた銘柄 part1:コメダ、三菱重工、DeNAなど


銘柄名<コード>⇒6月30日終値⇒前日比


エスケイジャパン<7608> 280 +67
材料見当たらず短期資金による循環的な値幅取りの動き向かう形か。

ソラスト<6197> 1175 +84
コメダの上昇なども見直しにつながる。

三井松島<1518> 102 +7
引けにかけて上げ幅を広げる動きにも。

TOWA<6315> 896 +55
半導体製造装置関連見直しの流れにも乗る。

イーレックス<9517> 2085 +123
グループ会社がニフティと業務委託契約。

ソフトブレーン<4779> 348 -49
目先の買戻し一巡感で利食い売り集中も。

リニカル<2183> 1601 -128
信用買い方の処分売りなど優勢か。

曙ブレーキ<7238> 199 -11
目立った材料もなく需給要因が中心か。

帝人<3401> 337 -15
特に材料見当たらないが全般的に素材株が軟化。

保土谷<4112> 272 -10
上値の重さから見切り売りが優勢か。

gumi<3903> 973 +89
「シノビナイトメア」への期待が続く格好か。

PCデポ<7618> 1532 +101
特に新規材料見当たらず需給面が主導か。

ステラケミファ<4109> 3495 +295
東海東京証券では目標株価を引き上げ。

日本アジア<8518> 313 +15
ワンダープラネットへの投資を材料視とも。

日立キャピタル<8586> 2016 +94
英国関連としてきつい下げの反動も。

関東電化<4047> 1000 +42
野村證券では同社の電解質に対する評価高いと。

KLab<3656> 642 +12
TVアニメの放送開始接近などで。

タカタ<7312> 395 +23
株式売却で資金捻出などとも伝わる。

コメダHLDG<3543> 1988 +109
積極出店報道などをポジティブ視も。

日本エスコン<8892> 336 +22
新規事業用地の取得などを発表している。

サンフ不動産<8934> 1039 +40
中小型の不動産株には緩和期待なども波及か。

三菱重工<7011> 407.4 +14.1
大和証券では「3」から「2」に格上げへ。

DeNA<2432> 2378 +109
自動運転でドコモと提携と報じられる。

東洋ゴム<5105> 1108 +50
円高進行一服で見直しも。

IHI<7013> 272 +6
MRJ関連としても買われる格好か。

板硝子<5202> 64 +1
英国関連としてリバウンドが継続。

ダブルスコープ<6619> 2397 -428
野村證券では業界レポートでセパレータの採算悪化に留意と。

エーザイ<4523> 5688 -246
29日には説明会が開催されているもようだが。

EPS HLDG<4282> 1284 -46
中国での投資拡大などに警戒感も。

雪印メグミルク<2270> 3575 -125
高値更新でいったんは達成感も。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均