1514 住石ホールディングス 東証1 15:00
105円
前日比
+3 (+2.94%)
比較される銘柄: 三井松島日本コークス石油資源
業績: 今期予想
鉱業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.5 0.76 1.90 51.43

銘柄ニュース

戻る
2016年07月29日09時50分

住石HDが反発、大幅減収も石炭価格下落などは織り込み済み、特殊要因もあり買い優勢

 住石ホールディングス<1514>が反発。ただ、株価2ケタと低位であるため、1円の上昇でも上昇率が大きくなりやすい。今日の高値は前日比2円高の85円。同社は28日引け後、17年3月期第1四半期の連結決算を発表した。売上高は前年同期比28.9%減の30億8000万円、営業利益は同1.2%増の2900万円、純利益は同9.9%減の2億4900万円となった。

 石炭事業部門では、中国の需要減退の影響による石炭価格の下落および販売数量の減少により、売上高は前年同期比30.5%減となったものの、セグメント利益は中継業務の取り扱い数量増などが貢献し、増益となった。新素材事業部門では、自動車部材関連の研磨材販売が好調であったため売上高は同24.0%増となり、セグメント利益は同2.6倍となった。ただ、採石事業部門では西日本地区での長雨により公共工事の先延ばしの影響で、荷動きは低調となり販売数量が低下したため、売上高は同14.8%減となり、セグメント利益は同67.3%減となった。

 市場では石炭価格下落などは織り込み済みだったとみられるほか、西日本地区での長雨などの特殊要因もあったことから、買い優勢となっている。
《MK》

株探ニュース

日経平均