1419 タマホーム 東証1 15:00
1,189円
前日比
+25 (+2.15%)
比較される銘柄: ヤマダS×LサンヨーH住友林
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
22.3 2.80 2.19 0.48

銘柄ニュース

戻る
2017年02月23日16時36分

タマホーム Research Memo(3):徹底した効率化により低価格高品質を実現し、業界第7位の大手に成長


 

■事業概要

2. 業界シェアとタマホーム<1419>の特徴
分譲を含む戸建住宅の年間着工戸数はここ数年、40~50万戸で推移しており、同社の業界シェアは約2%、2015年度の販売戸数ランキングでは業界第7位に位置している。戸建住宅市場においては、地域の工務店と言われる中小住宅メーカーが数多くあるため、大手10社合わせても年間の販売戸数は約8万戸であり、市場シェアは約20%の水準となっている。

同社は創業から10年余りで業界大手の一角に食い込むほどの急成長を遂げたが、この要因としては低価格化を実現するビジネスモデルを創業当初から構築し、九州を起点として営業エリアを全国に一気に拡大してきたことが大きい。低価格化を実現できた背景としては、顧客からの問い合わせから竣工・引き渡しまでの工程において、徹底的に効率化と標準化を図ったことにある。

例えば、注文住宅では通常、問い合わせ対応から正式契約に至るまでに、営業担当者のほか見積もり作成や基本設計を行う設計士、インテリアコーディネーターやローン担当者など複数の部署や専門の人員が対応に当たるというのが一般的だが、同社はこれら工程を営業担当者のみで対応可能とする独自の経営管理システムを導入し、生産性を大幅に向上させた。

また、施工面でも材料費と人件費のコスト削減を可能にするシステムを作り上げている。材料費では資材の標準化を徹底し、大量発注による単価引き下げを実現しており、人件費は 施工手順を標準化し工期短縮を図ることで抑制している。 同社の場合、施工はすべて協力会社に発注するため品質の維持が課題となるが、標準化を図ることによってクリアしている。

これらの取り組みによって、同社は住宅本体の坪単価を平均40万円強と、同業大手平均の6割前後の水準にまで引き下げることを可能とした。ただ、ここ数年は同様のビジネスモデルによって、同社よりもさらに低価格の坪単価で販売するローコストビルダーが増え始め、同社業績が伸び悩む一因となっていた。このため、ローコストビルダーと競争できるだけの低価格帯商品の販売を2015年10月より開始するなど、再成長に向けた新たな施策を打ち始めている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均