1419 タマホーム 東証1 15:00
545円
前日比
+4 (+0.74%)
比較される銘柄: ヤマダS×L住友林サンヨーH
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
32.8 1.50 2.75 0.75
決算発表予定日  2017/01/13

銘柄ニュース

戻る
2015年10月15日12時03分

タマホーム---1Q売上高21%減、住宅事業は減益だが不動産事業が堅調に推移


タマホーム<1419>が13日に発表した2016年5月期第1四半期(15年6-8月)決算は、売上高が前年同期比21.4%減の221.18億円、営業損失が28.78億円(前年同期は18.25億円の損失)、経常損失が30.65億円(同18.65億円の損失)、四半期純損失が同22.92億円(同14.21億円の損失)だった。

住宅事業は引渡棟数が前年を大幅に下回ったことから減益。不動産事業においては、分譲戸建の販売が前年同期比増加、マンションの販売も堅調に推移した。その他事業は、住宅事業における引渡棟数の減少により、住宅周辺事業が前年同期比で低調に推移。一方で、メガソーラー事業の商業運転開始に伴い売電収益が発生したことにより、損失額が縮小している。

16年5月通期については、売上高が前期比2.8%増の1537.00億円、営業利益が同22.6%増の28.00億円、経常利益が同38.9%増の28.00億円、純利益が10.00億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均