1377 サカタのタネ 東証1 15:00
3,080円
前日比
+92 (+3.08%)
比較される銘柄: カネコ種マルハニチロ日水
業績: 今期予想
水産・農林業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.5 1.57 0.75 0.61
決算発表予定日  2017/01/12

銘柄ニュース

戻る
2015年12月25日14時56分

サカタのタネが新高値目前、TPPで商機拡大

 サカタのタネ<1377>は上値指向鮮明、一時81円高の2836円まで買われ、年初来高値2842円の更新を指呼の間にとらえた。野菜や花の種子を卸売するが、国際的に高い競争力を誇る種子メーカーであり、TPPなどでクローズアップされる農業の成長をテーマに商機が巡る銘柄としてマークされている。

 高品質のF1種子のシェアが拡大傾向を強め、特に人参種子が中国で好調に売り上げを伸ばしている。また、「インド向けもカリフラワー種子などを中心に売り上げが急増している状況」(国内証券調査部)で、中期的な成長期待も大きい。16年5月期営業利益は従来予想から5億円上乗せし、前期比26%増の60億円を見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均