1332 日本水産 東証1 15:00
512円
前日比
-4 (-0.78%)
比較される銘柄: マルハニチロ極洋サカタタネ
業績: 今期予想
水産・農林業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.3 1.62 0.98 6.62

銘柄ニュース

戻る
2015年12月10日14時11分

日水が新値圏で頑強、好需給でみずほの保有株買い増しにも思惑

 日本水産<1332>が下げ相場のなかで売り物をこなし、新値圏で上値指向が鮮明だ。信用取組は直近、売り残を減少させつつも4日申し込み現在で信用倍率0.79倍と売り長状態をキープしており、需給関係の良さが上値の軽さに反映されている。海外養殖事業で実績を持ち、孵化したばかりのクロマグロの稚魚向け配合飼料を開発するなど技術力が高い。

 今月3日には大和証券が同社の投資判断を「3」から「2」に引き上げるとともに、目標株価を360円から500円に上方修正したことで上げ足が助長された経緯がある。PBRが解散価値を割り込む一方、ROEが13.5%と高い点にも意外性があり、12月7日受付の大量保有報告では、みずほ銀行などが同社株の保有比率を7.67%から8.66%に高めたことが確認されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均