リスクオフ再び、減速する世界経済と円高の逆風

日経平均2万円大台を維持できるか、今後の行方を占う

2019.08.13号

 3連休明けとなった13日の東京株式市場は前日の米株安を受けて日経平均株価が一時2万400円を割り込む水準まで売り込まれる展開となった。世界的な景気減速に対する警戒感が根強いなか、為替のドル安・円高が買い手控えムードを助長している。7月は2万1000円台で頑強な値動きをみせていた日経平均だが、8月相場は思いのほかリスク回避ムードが強い。この地合いはいつまで続くのか。そして、株式市場が注視せざるを得ない為替相場の動向は。先読みに定評のある市場関係者に今後の見通しを聞いた。

【リスクオフ再び、減速する世界経済と円高の逆風】相場観特集

  • 石川久美子氏

    米中情勢注視の展開、いったん下落後に反発も

    08月13日(火) 19時45分

     8月に入りドル円相場は、それまでの109円前半から105円台へと急落した。この要因としては、米トランプ大統領が中国に対する第4次制裁関税を発動することを表明し、これを契機に両国は… [ 記事全文 ]

    ソニーフィナンシャルHD 金融市場調査部 シニアアナリスト 石川久美子氏
  • 植木靖男氏

    要警戒局面、大勢底入れは9月下旬頃か

    08月13日(火) 18時30分

     日経平均はなかなか戻り相場に乗り切れない。きょうの時点では6月4日につけた終値ベースの安値2万408円は下回らず、首の皮一枚残した形だが、これでリバウンド局面に移行するような状況の… [ 記事全文 ]

    株式評論家 植木靖男氏

相場観特集バックナンバー

続急落、円高受け波乱の日経平均ここからの展望
(2019年08月05日)
東京市場の梅雨明けはいつ? 夏相場を読む
(2019年07月29日)
企業の決算発表本格化へ、“気迷い相場”の行方
(2019年07月22日)
最高値街道の米株を横目に閑散、日本株の先行きは
(2019年07月16日)
週明け反落、米雇用統計を受け潮流に変化?
(2019年07月08日)