G20大阪サミット接近、7月相場の急所を読む

2万1000円ラインで強弱感対立、相場の向かう先は

2019.06.24号

 東京株式市場は狭いレンジでのもみ合いが続いている。日経平均株価は5月相場の急落から6月は完全に立ち直った形だが、その余勢を駆って一段の上値を目指すという展開には発展していない。売買代金は2兆円に届かない日が多く、今の市場エネルギーでは2万1000円台を駆け上がり、2万2000円を目指すというビジョンは描きにくいようだ。7月相場では全体ムードも梅雨明けに向かうことを期待したいところ。プロの目にはどう映っているのか。先読みに定評のある市場関係者2人に相場の見通しと物色の方向性について意見を聞いた。

【G20大阪サミット接近、7月相場の急所を読む】相場観特集

  • 藤代宏一氏

    日経平均2万2000円突破も、金融相場が継続

    06月24日(月) 19時45分

     東京株式市場は当面、金融相場による堅調な展開が続くことを予想している。今後、1ヵ月程度の日経平均のレンジは2万500~2万2000円程度。トレンドは上向きで、状況次第で2万2000円突破も… [ 記事全文 ]

    第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 藤代宏一氏
  • 雨宮京子氏

    全体相場は狭いレンジのもみ合い、中小型株に照準

    06月24日(月) 18時30分

     東京株式市場は相変わらずの閑散商いのなか、方向感の見えない相場展開が続いている。後付け解釈の嫌いはあるものの、足もとは米中首脳会談が行われる見通しとなったこととFRBの… [ 記事全文 ]

    SBI証券 投資情報部 シニア・マーケットアドバイザー 雨宮京子氏

相場観特集バックナンバー

嵐の前の静けさ? 閑散商状続く東京市場
(2019年06月17日)
日経平均2万1000円回復! 相場は変わったか?
(2019年06月10日)
止まらない下落トレンド、撤退かそれとも……
(2019年06月03日)
一進一退の日経平均、“トランプ摩擦”の影響は
(2019年05月27日)
要警戒? 続伸も上値重い日経平均そのココロは
(2019年05月20日)