フシ突破で上昇加速! リスクオン相場は続くか

2万3000円ライン突き抜け視界が変わった東京市場

2018.09.18号

 東京市場では前週後半を境に一気に視界が変わってきた。日経平均株価はこれまで度々跳ね返されてきた2万3000円ラインを遂に突き抜け、上値追いを加速。3連休明けの18日は一時380円以上の上昇で3連騰、3日間合計で880円近い上げ幅を記録したことになる。相場大転換の背景にあるのは何か。そしてここからの展望と物色の方向性はいかに。経験豊富でマーケットの先読みに定評のある市場関係者3人に意見を聞いた。

【フシ突破で上昇加速! リスクオン相場は続くか】相場観特集

  • 高橋春樹氏

    TOPIX上げトレンドへの転換で上昇加速

    09月18日(火) 20時00分

     前週から日経平均は反転上昇トレンドに入ったが、これは外国人投資家による本格的な買い姿勢への転換が背景にある。5月以降過去4回、トライして果たせなかった2万3000円台の定着が… [ 記事全文 ]

    三木証券 取締役 商品本部長 高橋春樹氏
  • 鈴木英之氏

    不透明感を徐々に織り込む展開、配当権利取りに妙味も

    09月18日(火) 19時15分

     今後1ヵ月程度の10月中旬から下旬にかけての日経平均の着地点は、2万3000~2万4000円前後とみている。足もとで株式市場は堅調な値動きとなっている。トランプ米政権は2000億ドル相当の… [ 記事全文 ]

    SBI証券 投資調査部長 鈴木英之氏
  • 植木靖男氏

    違和感のある上昇で反動も考慮する場面に

    09月18日(火) 18時30分

     日経平均は上値の強力なフシとなっていた2万3000円ラインを明確に突破したことで買いに勢いがつき、一気に2万3000円台半ばまで歩を進めた。しかし、外部環境を眺める限り、ひと言でいえば… [ 記事全文 ]

    株式評論家 植木靖男氏

相場観特集バックナンバー

やっと反発、日経平均、秋相場のポイントと戦略
(2018年09月10日)
立ちはだかる2万3000円の壁、突破はいつか
(2018年09月03日)
夏相場はこのまま終わらない、勝利に導く戦略は
(2018年08月27日)
夏枯れの中も頑強な日本株、ここからの狙い筋は
(2018年08月20日)
トルコ発、世界連鎖株安の行方はこうなる
(2018年08月13日)