夏枯れかサマーラリーか、8月相場をずばり読む

日銀政策決定会合後に広がる日本株市場のシナリオは

2018.07.30号

 週明け30日の東京株式市場は、前週末の米国株の軟調を受け下値模索の展開を余儀なくされた。米国ではナスダック総合指数の下げが顕著でその影響が懸念されたが、為替の円高圧力が限られたこともあって、売り一巡後は押し目買いも観測された。前週末から実質8月商いとなっているが、ここから夏枯れとなるのかそれともサマーラリーとなるのか、投資家にとっても気を揉む相場が続く。今週はあすの日銀の金融政策決定会合の結果が重要スケジュールとして意識されているが、果たしてその後の相場の行方はどうか。先読みに定評のある市場関係者2人に今後の見通しと物色の方向性について話を聞いた。

【夏枯れかサマーラリーか、8月相場をずばり読む】相場観特集

  • 田部井美彦氏

    日経平均2万2500円を軸にしたボックス相場に

    07月30日(月) 19時45分

     目先的には、あす31日まで開催される日銀の金融政策決定会合の内容によって左右される相場環境にある。金融政策自体が変更される可能性は少ないものの、日銀がETF(上場投資信託)の… [ 記事全文 ]

    内藤証券 投資情報本部 投資調査部長 田部井美彦氏
  • 大塚竜太氏

    政策決定会合通過後は強基調が鮮明に

    07月30日(月) 18時30分

     前週は日経平均株価が週初こそ大きく下げたが、その後は切り返し、週間ベースでは上昇して引けた。しかし、重要日程を前に明確に強気ムードに傾くような環境にはなく、その意味で30日の… [ 記事全文 ]

    東洋証券 ストラテジスト 大塚竜太氏

相場観特集バックナンバー

“日銀プレー”で激変した相場の視界、この続きは?
(2018年07月23日)
どこまで続く上値追い相場、2万3000円は通過点?
(2018年07月17日)
底入れ反転! 期待と不安の狭間の先に見えるもの
(2018年07月09日)
米中貿易摩擦で揺らぐ市場、サマーラリーは消えたか
(2018年06月25日)
強弱感が対立、リスクオン相場復活の条件は?
(2018年06月18日)