ついに2万3000円の壁突破、夏相場はこうなる

風向き変わる東京マーケット、ここからの展望と戦略は

2018.05.21号

 週明け21日の東京株式市場は上値指向を強め、日経平均株価は上値の心理的なフシ目となっていた大台ラインをついに突破、2月2日以来の2万3000円台乗せを果たした。米長期金利の上昇を懸念視する動きは今のところ限定的、足もとは米中貿易摩擦に対する懸念も後退したことで日米ともに株価の先高期待が漂い始めた。ここからの株式市場の見通しと物色の方向性について、先読みに定評のある有力市場関係者の見解を聞いた。

【ついに2万3000円の壁突破、夏相場はこうなる】相場観特集

  • 檜和田浩昭氏

    海外懸念要因をこなしジリ高歩調を堅持

    05月21日(月) 19時45分

     週明け21日の東京株式市場は、日経平均が2月2日以来約3ヵ月半ぶりに終値で2万3000円台を回復してきた。18年3月期決算と19年3月期の業績見通しの発表が終了して手掛かり材料が… [ 記事全文 ]

    東洋証券 マーケット支援部長 檜和田浩昭氏
  • 雨宮京子氏

    満を持しての大台替え、ここからの上値は軽い

    05月21日(月) 18時30分

     日経平均は2万3000円台を前にしてもみ合いが長かったが、満を持して上値のフシを突破してきたことで、ここからの展望も明るいとみている。全体相場は押し目待ちに押し目なしの展開となる… [ 記事全文 ]

    SBI証券 投資情報部 シニア・マーケットアドバイザー 雨宮京子氏

相場観特集バックナンバー

高まる上昇ムード、セルインメイ逆展開の東京市場
(2018年05月14日)
GW明けで上昇待ったなし 夏相場への扉は開くか
(2018年05月07日)
見えてきた日経平均2万3000円のステージ
(2018年04月23日)
地政学リスク再び、ここからの株式と為替はこう動く
(2018年04月16日)
米株暴落でも買い優勢! 東京市場は変わったか
(2018年04月09日)