再浮上2万円、上値のフシ“突破”はあるか?

ボックス継続か上放れか、見通しを聞く

2017.06.19号

 日経平均株価はここ2週間ほど上値の重い展開を強いられていたが、前週末に5日ぶり反発に転じ、きょうは返す刀で目先筋の戻り売りをこなし続伸、2万円大台に再浮上してきた。内需成長株の好調な値動きやハイテク株などへの買い戻しが反映された格好だが、果たして相場の需給関係にこれまでと変化は生じているのか。洞察力に優れ相場の先読みにも定評のあるマーケット関係者に、今後の東京株式市場の見通しについて聞いた。

【再浮上2万円、上値のフシ“突破”はあるか?】相場観特集

  • 檜和田浩昭氏

    日経平均株価は2015年6月高値を意識した上昇軌道に

    06月19日(月) 20時15分

     週明け19日の東京株式市場は、日経平均株価が9日以来6営業日ぶりに、終値で2万円の大台を回復し、2日につけた終値ベースの年初来高値2万177円に肉薄する展開となってきた。… [ 記事全文 ]

    東洋証券 マーケット支援部長 檜和田浩昭氏
  • 藤代宏一氏

    2万円中心に上下1000円の展開、日本企業の輸出力回復

    06月19日(月) 19時30分

     東京株式市場の日経平均株価は、今後1ヵ月程度を視野に入れた場合、2万円を中心に上下1000円程度の展開を予想している。全体相場の方向感は見定めにくい状況だが、… [ 記事全文 ]

    第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 藤代宏一氏
  • 雨宮京子氏

    強調展開継続、銘柄はピンポイントで絞り込み

    06月19日(月) 18時45分

     全般は6月下旬の株主総会絡みの株高アノマリーを意識させる強調相場となってきた。これまで相場に沈滞ムードをもたらしていたのは米ナスダック市場の軟調に端を発するハイテク銘柄の下げだが… [ 記事全文 ]

    経済ジャーナリスト 雨宮京子氏

相場観特集バックナンバー

再びの2万円割れ、警戒と希望それぞれのワケ
(2017年06月12日)
強さ確認東京市場、2万円通過点にどこまで
(2017年06月05日)
強気か押し目待ちか、揺れる東京市場の見通しは
(2017年05月29日)
上昇軌道“完全復帰”いつ? 漂い始めた割安感
(2017年05月22日)
2万円目前“足踏み”は好機か? 見通しを聞く
(2017年05月15日)