日経平均2万円が再度“視界”に、ここからの戦略は

NYダウ大台乗せのなか高まるトランプ相場への警戒と期待

2017.01.30号

 NYダウがついに2万ドル大台超えを果たし意気が上がる米国株市場。日経平均株価も2万円大台を視界に入れつつトランプ相場の第2幕を待ち望む展開にある。しかし、予想以上に保護主義的な政策方針を連発するトランプ大統領に対する警戒感も拭いきれず、週明け30日の東京株式市場は利益確定売りに押された。ここからの相場展開と戦略はどうあるべきか、相場の機微を知りつくした市場関係者3人に意見を聞いた。

【日経平均2万円が再度“視界”に、ここからの戦略は】相場観特集

  • 高橋春樹氏

    条件そろえば2月中に日経平均2万円試す展開に

    01月30日(月) 20時30分

     発表が佳境を迎えている17年3月期第3四半期(4-12月)の決算内容は、外国為替市場での円安・ドル高進行も寄与して、これまでのところ半導体関連などを中心に比較的好調との印象だ。ただ… [ 記事全文 ]

    三木証券 執行役員 商品本部長 高橋春樹氏
  • 清水三津雄氏

    建設など内需系銘柄に上昇余地も

    01月30日(月) 19時45分

     東京株式市場は当面、強い値動きが見込めるだろう。2月相場では日経平均株価の2万円乗せが期待できると思う。足もとで第3四半期(16年4-12月)の決算発表が本格化しているが、… [ 記事全文 ]

    日本アジア証券 エクイティ・ストラテジスト 清水三津雄氏
  • 雨宮京子氏

    全体はボックス圏往来、個別重視で乗り切る

    01月30日(月) 18時45分

     東京株式市場は、ひとことで言えば方向感の定まりにくい相場となっている。本来であれば下値に対しては日銀のETF買いなどのセーフティーネットが敷かれており、海外投資家の買い意欲も復活… [ 記事全文 ]

    経済ジャーナリスト 雨宮京子氏

相場観特集バックナンバー

トランプ就任で大幅安、下値メドと反転の日
(2017年01月23日)
トランプ就任直前、“警戒警報”は鳴っているか?
(2017年01月16日)
身構える市場、トランプ相場はどこへ行く
(2017年01月10日)
2017年株式相場を大胆予測!
(2017年01月03日)
新年「トランプ」相場の見通し
(2016年12月26日)