トランプ就任直前、“警戒警報”は鳴っているか?

気迷い相場いつまで、大統領就任後の上値メドと下値メドは

2017.01.16号

 東京株式市場は大発会に急騰で幕を開けたものの、その後はやや売りに押される展開で、ここにきて先行き不透明感も意識され始めている。週明け16日に日経平均株価は終値で1万9000円トビ台まで売られた。11日のトランプ次期米大統領の記者会見後に日本株が大きく水準を下げたことも、現在の気迷い気味のマーケット心理に反映されているようだ。今週は20日にトランプ次期米大統領の就任式を控えているが、それを前に投資家はどう立ち回るべきか。先読みに定評のある市場関係者3氏に意見を聞いた。

【トランプ就任直前、“警戒警報”は鳴っているか?】相場観特集

  • 檜和田浩昭氏

    4-12月期決算発表を評価し強調展開に

    01月16日(月) 20時15分

     外国為替市場で1ドル=113円台後半まで円高・ドル安が進行していることなどから、やや買いの手が緩みがちの地合いとなっている。ただ、1月後半から2月に掛けての東京株式市場を展望すると… [ 記事全文 ]

    東洋証券 マーケット支援部長 檜和田浩昭氏
  • 清水洋介氏

    目先、1万8500円前後の下値探る展開も

    01月16日(月) 19時30分

     今後、1ヵ月程度の相場をみた場合、日経平均株価は1万9000~1万9500円を基調とする展開を見込んでいる。1万9500円を上抜ければ2万円が意識され、1万9000円を割り込めば… [ 記事全文 ]

    Argo Navis フィナンシャルコンシェルジュ 清水洋介氏
  • 馬渕治好氏

    下値模索続くも“予算教書”発表が転機に

    01月16日(月) 18時30分

     全体相場は昨年12月21日の日経平均ザラ場高値1万9592円をピークに、実質的には調整局面に入っている。今年の大発会は479円高で高値引けとなり結果的にその時の高値を上回ったが、… [ 記事全文 ]

    ブーケ・ド・フルーレット 代表 馬渕治好氏

相場観特集バックナンバー

身構える市場、トランプ相場はどこへ行く
(2017年01月10日)
2017年株式相場を大胆予測!
(2017年01月03日)
新年「トランプ」相場の見通し
(2016年12月26日)
2万円目前、年末「東京株式市場」の行方は
(2016年12月19日)
トランプ上昇相場はどこまで続く
(2016年12月12日)