身構える市場、トランプ相場はどこへ行く

トランプ会見を前に警戒感、日経平均2万円乗せはいつ

2017.01.10号

 日経平均株価は大発会に目の覚めるような急騰でスタートしたが、その後は高値警戒感から利益確定を急ぐ動きが表面化、目前と思われた2万円大台になかなか手が届かない展開となっている。米国時間11日のトランプ次期大統領の会見を前に目先リスクオフに身構えるムードも浮上するなか、やや気迷い気味の市場をマーケット関係者はどうみているのか。第一線で活躍する識者2人の見解を聞いた。

【身構える市場、トランプ相場はどこへ行く】相場観特集

  • 大谷正之氏

    4-12月期決算を評価して日経平均株価は2万円トライ

    01月10日(火) 20時15分

     トランプ次期米大統領については、今月20日の正式就任まではツイッターへの投稿や発言がさまざまに思惑材料視されて、株価変動要因となりそうだ。ただ、就任後は発言も… [ 記事全文 ]

    証券ジャパン 調査情報部長 大谷正之氏
  • 大塚竜太氏

    リスク回避は一時的、2万円は通過点に過ぎず

    01月10日(火) 19時00分

     目先的な円高や原油市況の下げなどで、東京株式市場は目先リスク回避モードとなっているが、これは一時的な動きにとどまる可能性が高く、大勢上昇トレンドのなかで… [ 記事全文 ]

    東洋証券 ストラテジスト 大塚竜太氏

相場観特集バックナンバー

2017年株式相場を大胆予測!
(2017年01月03日)
新年「トランプ」相場の見通し
(2016年12月26日)
2万円目前、年末「東京株式市場」の行方は
(2016年12月19日)
トランプ上昇相場はどこまで続く
(2016年12月12日)
トランプ・ラリー“再始動”いつ?
(2016年12月05日)