新年「トランプ」相場の見通し

期待感いつまで、相場に潜む“先高感”と“死角”

2016.12.26号

 東京株式市場は12月最終週を迎えて市場参加者不足からさすがに商いは盛り上がりを欠いているものの、一部の手仕舞い売りを吸収して日経平均株価は底堅さを発揮している。来年相場への先高感の強さを物語っているが、順風満帆の相場展開に死角はないのだろうか。金融・証券分野での経験が豊富なマーケット関係者3人に新年相場の見通しと投資の勘所を聞いた。

【新年「トランプ」相場の見通し】相場観特集

  • 田部井美彦氏

    トランプ新大統領のコメントに関心、1月の日米決算発表も注目

    12月26日(月) 20時15分

     新年は、トランプ・ラリーで関連銘柄として上昇してきた銘柄に利益確定売りが持続し、上値の重い推移となる可能性もある。来年1月20日の就任式でトランプ新大統領がどのようなコメントを… [ 記事全文 ]

    内藤証券 投資情報本部 投資調査部長 田部井美彦氏
  • 西川雅博氏

    日本の政治的安定感を評価する見方が強まる

    12月26日(月) 19時30分

     当然、短期的には高値警戒感が台頭するところだが、騰落レシオの異常値は、過熱感と同時に中長期の相場トレンドが劇的に変化したことを示すシグナルでもある。アベノミクスが始まって以降の… [ 記事全文 ]

    光世証券 執行役員 西川雅博氏
  • 桂畑誠治氏

    トランプ相場は現実回帰で押し目形成も

    12月26日(月) 18時30分

     足もとの東京株式市場は利益確定売りを吸収して強い動きが続いており、年内にもう一段の上値を指向する可能性はあるが、年明け以降は注意が必要との見方は変えていない。… [ 記事全文 ]

    第一生命経済研究所 主任エコノミスト 桂畑誠治氏

相場観特集バックナンバー

2万円目前、年末「東京株式市場」の行方は
(2016年12月19日)
トランプ上昇相場はどこまで続く
(2016年12月12日)
トランプ・ラリー“再始動”いつ?
(2016年12月05日)
検証・年末年始「日米同時株高」シナリオ
(2016年11月28日)
好調推移の年末相場、上値のメドは?
(2016年11月21日)