トランプ・ラリー“再始動”いつ?

伊国民投票否決で再びリスクオフ、識者に聞く年末相場の行方

2016.12.05号

 週明け5日の東京株式市場では“トランプ・ラリー”による上昇相場が一服、利益確定売りに押される展開となった。イタリアの憲法改正の是非を問う国民投票で改憲反対派が勝利し、レンツィ首相の辞意表明で足もとリスクオフモードとなっているが、これが尾を引くかたちになるのかどうか。佳境入りとなる年末相場の動向について、市場第一線で活躍する証券関係者のプロの視点を紹介する。

【トランプ・ラリー“再始動”いつ?】相場観特集

  • 大谷正之氏

    需給関係の良好さも買い支援材料に

    12月05日(月) 20時15分

     東京株式市場は、前週に終値ベースでの年初来高値を更新し堅調な推移となった。イタリアの憲法改正を問う国民投票で改憲反対派が勝利し、レンツィ首相が辞意を表明した。今後の… [ 記事全文 ]

    証券ジャパン 調査情報部長 大谷正之氏
  • 藤井知明氏

    基調強く年末・年始高に期待

    12月05日(月) 19時30分

     足もとの株高の基調は強く、年末・年始高が期待できるだろう。直近の日経平均採用企業の平均1株当たり利益(EPS)は1166円。ただ、円安が進んだことで、EPSは1200円前後まで… [ 記事全文 ]

    高木証券 企業調査部長 藤井知明氏
  • 大塚竜太氏

    押し目形成場面は買い下がるチャンス

    12月05日(月) 18時30分

     イタリアの国民投票の結果は事前に織り込みが進んでいたこともあり、ネガティブサプライズの要素には乏しいが、目先的には利益確定の動きが出やすいタイミングだったこともあって、… [ 記事全文 ]

    東洋証券 ストラテジスト 大塚竜太氏

相場観特集バックナンバー

検証・年末年始「日米同時株高」シナリオ
(2016年11月28日)
好調推移の年末相場、上値のメドは?
(2016年11月21日)
どこまで続く“トランプ相場”、世界株高の行方
(2016年11月14日)
米大統領選9日「勝敗」判明、その後の展開は?
(2016年11月07日)
本格上昇は始まったか、復活外国人買いと今後
(2016年10月31日)