ムード好転の東京市場、上値のメドは?

日経平均1ヵ月ぶり大台回復、今後の相場展開を聞く

2016.10.11号

 11日の東京株式市場は、日経平均株価が終値で前週末比164円67銭高の1万7024円76銭と反発した。終値では9月7日以来約1ヵ月ぶりの1万7000円台回復。11月の米大統領選に向け、民主党のヒラリー・クリントン候補が優勢と伝えられたことや、原油価格上昇を追い風に、前日の米株式市場でダウ平均株価が大幅反発し、外国為替市場で1ドル=104円近辺へと円安・ドル高が進行したことが好感された。日経平均株価1万7000円台回復後の相場展開について第一線の市場関係者に聞いた。

【ムード好転の東京市場、上値のメドは?】相場観特集

  • 大谷正之氏

    マイナス材料を織り込み底上げ相場進展へ

    10月11日(火) 19時55分

     今週、来週は海外の経済指標や企業決算の内容に左右される展開が予想されるが、それ以降は国内企業の4-9月期決算を織り込みながらの推移となりそうだ。きょうの値動きで象徴的だったのは… [ 記事全文 ]

    証券ジャパン 調査情報部長 大谷正之氏
  • 清水三津雄氏

    補正予算策定や米リスク後退で上昇局面へ

    10月11日(火) 19時20分

     日経平均株価は1万7000円を回復したが、この要因には「近く国会で補正予算が成立する見通しであり景気刺激策が期待できること」や「日銀は緩和姿勢を続ける一方、米国の金融政策は… [ 記事全文 ]

    日本アジア証券 エクイティ・ストラテジスト 清水三津雄氏
  • 馬渕治好氏

    11月上旬に向け下値を探る展開に

    10月11日(火) 18時45分

     日経平均は1万7000円大台を回復し、テクニカル的にも意気の上がるところではあるが、実際ここからの一段の上値追いには困難が伴う。いったん日経平均は下値を探る展開に移行し、年末にかけ… [ 記事全文 ]

    ブーケ・ド・フルーレット 代表 馬渕治好氏

相場観特集バックナンバー

外国人売り凌駕、日本株浮上のシナリオを読む
(2016年10月03日)
10月相場、経済政策本格化で流れ変わるか
(2016年09月26日)
日銀“新政策”、上昇気流の行方
(2016年09月21日)
日米株価急落で秋相場に異変?
(2016年09月12日)
日経平均、1万7000円台回復! 上値追いの行方
(2016年09月05日)