10月相場、経済政策本格化で流れ変わるか

一億総活躍社会実現、TPP早期発効への期待は?

2016.09.26号

 26日の東京株式市場は、前週末の米国株安や外国為替市場での1ドル=100円台への円高進行を嫌気して幅広い銘柄に売りが出て、日経平均株価終値は、前週末比209円46銭安の1万6544円56銭となった。こうしたなか、きょうから臨時国会が招集され、安倍政権による「一億総活躍社会」の実現や、環太平洋経済連携協定(TPP)の早期発効と、それに備えた農業改革など喫緊の課題が前進する。こうした経済政策の本格出動を背景に、第一線の市場関係者に10月相場の見通しを聞いた。

【10月相場、経済政策本格化で流れ変わるか】相場観特集

  • 檜和田浩昭氏

    13週・26週のGC達成で中期先高に期待

    09月26日(月) 20時00分

     きょうから臨時国会が招集された。TPPの早期発効は米国など他の参加国の動向もあるため困難を伴う。半面、政府が8月2日に決めた事業規模28兆円の新たな経済対策は、この臨時国会から… [ 記事全文 ]

    東洋証券 マーケット支援部長 檜和田浩昭氏
  • 清水洋介氏

    米大統領選など不透明部分多く、一進一退も

    09月26日(月) 19時15分

     今後1ヵ月程度となる10月相場を考慮した場合、全般動きづらく、方向感に欠ける状況を見込んでいる。米国では11月の大統領選挙が近づきテレビ討論会などが実施される。もし共和党候補の… [ 記事全文 ]

    Argo Navis フィナンシャルコンシェルジュ 清水洋介氏
  • 桂畑誠治氏

    成長戦略の効果発現が第一義に

    09月26日(月) 18時30分

     東京市場は来週に10月相場入りとなるが、米大統領選なども控えて引き続き方向感を見極めにくい不安定な展開が続きそうだ。事業規模28兆円の経済対策については、そのアナウンス効果という点… [ 記事全文 ]

    第一生命経済研究所 主任エコノミスト 桂畑誠治氏

相場観特集バックナンバー

日銀“新政策”、上昇気流の行方
(2016年09月21日)
日米株価急落で秋相場に異変?
(2016年09月12日)
日経平均、1万7000円台回復! 上値追いの行方
(2016年09月05日)
日本株に「神風」か、米9月利上げも!?
(2016年08月29日)
9月相場、「ETF買いと円高」天秤の行方
(2016年08月22日)