日本株に「神風」か、米9月利上げも!?

円安テコに1万7000円台固めるか?

2016.08.29号

 週明け29日の東京株式市場は、外国為替市場で1ドル=102円台まで円安が進行したことを受けて、大きく買いが優勢の展開となった。ジャクソンホール経済シンポジウムでのイエレンFRB議長の発言に注目が集まっていたが、「雇用改善で利上げの条件は整ってきた」と述べたことが、9月利上げ実施の可能性も示唆するものとしてドル買いの動きを誘発。これが東京市場にとっては追い風材料となり、日経平均は一時400円を超える上昇をみせたが、果たしてこれが9月相場での“もみ合い上放れ”につながっていくのかどうか。為替の見通しと株式市場の今後についてマーケット関係者の意見をまとめた。

【日本株に「神風」か、米9月利上げも!?】相場観特集

  • 檜和田浩昭氏

    9月の日米金融政策決定会合までに1万7000円台乗せも

    08月29日(月) 19時50分

     前週末26日のジャクソンホール会議で、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演し、「雇用が改善しており、追加利上げの条件が整ってきた」と発言した。また、フィッシャーFRB副議長も、… [ 記事全文 ]

    東洋証券 マーケット支援部長 檜和田浩昭氏
  • 石川久美子氏

    米雇用統計が良好なら9月利上げ実施も

    08月29日(月) 19時10分

     前週末の米ジャクソンホールのイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言内容は、ある程度は想定の範囲内だった。米国の利上げに向け課題とされた雇用情勢や海外情勢に関して… [ 記事全文 ]

    外為どっとコム総合研究所 シニアFXアナリスト 石川久美子氏
  • 桂畑誠治氏

    米利上げ・国内緩和で上昇相場形成へ

    08月29日(月) 18時30分

     ジャクソンホールでのイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長やフィッシャー副議長の発言を受け、外国為替市場で1ドル=102円台前半まで円安方向に押し戻される展開となったことは… [ 記事全文 ]

    第一生命経済研究所 主任エコノミスト 桂畑誠治氏

相場観特集バックナンバー

9月相場、「ETF買いと円高」天秤の行方
(2016年08月22日)
夏相場終盤、1万7000円復帰はいつ?
(2016年08月15日)
検証! 8-9月相場シナリオ
(2016年08月08日)
日銀が追加緩和、こう読む8月相場!
(2016年07月30日)
夏相場の鍵握る“日銀会合・企業決算”
(2016年07月25日)