夏相場の鍵握る“日銀会合・企業決算”

行く手を阻む障壁か、上昇加速の起爆剤か

2016.07.25号

 週明け25日の東京株式市場は、前場に外国為替市場での円安進行などを追い風に、買い優勢で推移する場面があったものの、後場に入ると戻り売りに押される展開で日経平均株価は小幅ながら続落で引けた。今週は日銀の金融政策決定会合に加え、4-6月期決算の発表が本格化する。こうしたイベントを踏まえて、第一線の市場関係者に今後の株式相場の見通しを聞いた。

【夏相場の鍵握る“日銀会合・企業決算”】相場観特集

  • 桂畑誠治氏

    ガイダンスリスク限定的も弱含み

    07月25日(月) 19時55分

     今後本格化する国内企業の四半期決算が、全体観として株価にポジティブに働く可能性はないが、輸出株を中心に厳しい数字もしくは見通しとなる点について株式市場はある程度織り込んでおり… [ 記事全文 ]

    第一生命経済研究所 主任エコノミスト 桂畑誠治氏
  • 小川英幸氏

    決算発表では業績不安から下落幅が大きな銘柄の先回り投資

    07月25日(月) 19時10分

     直近の注目材料は日銀政策決定会合で追加緩和があるかだ。8割のエコノミストが追加緩和を想定しているようであり、緩和がなければ暴落するとの見通しが語られる。しかし、追加緩和がない場合… [ 記事全文 ]

    光世証券 本店コンサルティンググループ 課長代理 小川英幸氏
  • 檜和田浩昭氏

    物色テーマは有機EL、VR関連に注目

    07月25日(月) 18時35分

     今週の焦点は、28~29日に開催される日銀の金融政策決定会合だ。それまでの日経平均株価は1万6500円水準を挟んでの膠着状態となりそうだ。参院選が終了して、政府の打ち出す経済対策が… [ 記事全文 ]

    東洋証券 マーケット支援部長 檜和田浩昭氏

相場観特集バックナンバー

どこまで続く? 灼熱のサマーラリー
(2016年07月19日)
日経平均一時700円高! 反転上昇は本物か
(2016年07月11日)
夏相場、注目すべきラリー期待株
(2016年07月04日)
英EU離脱の衝撃!株価回復の行方は?
(2016年06月27日)
迫る英離脱投票、“その後”のシナリオ
(2016年06月20日)