迫る英離脱投票、“その後”のシナリオ

リスク回避継続か、押し目買いの好機か?

2016.06.20号

 週明け20日の東京株式市場は、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票の情勢で、残留派が盛り返していると伝えられているのを手掛かりに買い戻しが優勢となり、日経平均株価終値は、前週末比365円64銭高の1万5965円30銭と大幅続伸した。しかし、情勢は残留と離脱の支持が極めて拮抗しており、文字通りフタを開けるまで分からない状況が続きそうだ。英国の国民投票に関連しての今後の株価、円相場の見通しを第一線の市場関係者に聞いた。

【迫る英離脱投票、“その後”のシナリオ】相場観特集

  • 檜和田浩昭氏

    離脱でもマイナス影響は短期間に織り込まれる

    06月20日(月) 19時30分

    日経平均株価は、EU離脱の是非を問う英国の国民投票に関連しては、他の主要国に比べて顕著に売られており、PERは13倍台にまで低下している。さらに、米国市場のNYダウ平均株価が軽微な下落… [ 記事全文 ]

    東洋証券 マーケット支援部長 檜和田浩昭氏
  • 佐藤正和氏

    英EU離脱なら1ドル=100円割れの円高も

    06月20日(月) 19時00分

    英国のEU離脱の是非を巡る国民投票の行方は、依然、不透明感が強い。英労働党の女性議員殺害でEU残留派が世論調査で優勢となったとも伝えられているが、23日の投票までには再度… [ 記事全文 ]

    外為オンライン シニアアナリスト 佐藤正和氏
  • 窪田朋一郎氏

    EU離脱なら2月安値意識、残留なら1万6500円

    06月20日(月) 18時30分

    今週は英国EU離脱の是非を問う国民投票を前に為替市場を絡めて上下にボラティリティの高い展開を余儀なくされそうだ。ただ、国民投票の結果が判明する前(特に23日)は流動性が欠如するなかで… [ 記事全文 ]

    松井証券 シニアマーケットアナリスト 窪田朋一郎氏

相場観特集バックナンバー

米雇用統計ショック! 乗り切れるか波乱相場
(2016年06月06日)
流れ変わるか、政策期待の6月相場
(2016年05月30日)
燻る政策期待、漂流相場の先に待つのは?
(2016年05月23日)
決算発表一巡! ズバリ狙いたい有望株
(2016年05月16日)
企業業績から占う相場展開と注目株
(2016年05月09日)