米雇用統計ショック! 乗り切れるか波乱相場

懸念山積、緊張高まるマーケット

2016.06.06号

 注目された米5月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数の伸びが3万8000人増と、15万5000人前後の増加を見込んでいた大方の予測を大幅に下回った。これを受け米6月の利上げは見送られる可能性が高まり、ドル円相場は急速に円高に振れたことで東京株式市場は再びリスクオフの波にさらされる格好となった。米国経済の実態と金融政策の見通し、さらに為替相場の動向を絡め、日本株市場の今後を市場関係者はどう見ているのか。識者の見解をまとめた。

【米雇用統計ショック! 乗り切れるか波乱相場】相場観特集

  • 大谷正之氏

    物色対象は内需系の消費関連銘柄に

    06月06日(月) 20時00分

     前週末3日に発表された米5月雇用統計の非農業部門の雇用者数が前月比3万8000人増と、市場予想の15万5000人程度の増加を大幅に下回ったことから… [ 記事全文 ]

    証券ジャパン 調査情報部長 大谷正之氏
  • 山内俊哉氏

    米利上げは9月以降か、当面ドル安・円高も

    06月06日(月) 19時30分

     3日に発表された米5月雇用統計は非農業部門雇用者数が3万8000人の増加と市場予想を大きく下回ったことから、大幅なドル安・円高が進行した。ただ、… [ 記事全文 ]

    上田ハーロー 外貨保証金事業部長 山内俊哉氏
  • 桂畑誠治氏

    米利上げは7月“言及”も9月を想定

    06月06日(月) 19時00分

     米5月の雇用統計について、非農業部門の雇用者数の伸びは、見た目には事前の市場コンセンサスの4分の1程度でマーケットにサプライズを与えたようにも見えるが、… [ 記事全文 ]

    第一生命経済研究所 主任エコノミスト 桂畑誠治氏

相場観特集バックナンバー

流れ変わるか、政策期待の6月相場
(2016年05月30日)
燻る政策期待、漂流相場の先に待つのは?
(2016年05月23日)
決算発表一巡! ズバリ狙いたい有望株
(2016年05月16日)
企業業績から占う相場展開と注目株
(2016年05月09日)
日銀ショック! 大荒れマーケットを読む
(2016年04月28日)