流れ変わるか、政策期待の6月相場

1万7000円回復! プロが読む今後のシナリオ

2016.05.30号

 伊勢志摩サミットという重要な政治スケジュールを通過し、足もとは円安進行が強い味方となって日経平均は1万7000円大台回復を果たした。「セル・イン・メイ」が警戒された5月相場だったが、振り返れば大型連休中の急落から順調な立ち直りをみせ、3カ月連続となる月足陽線が濃厚となった。では、7月の参院選を前に政策期待が盛り上がりそうな6月相場はどうなるか。第一線で活躍する市場関係者に話を聞いた。

【流れ変わるか、政策期待の6月相場】相場観特集

  • 植木靖男氏

    商い低調で楽観できず、米国株と円安一巡を警戒

    05月30日(月) 19時30分

     伊勢志摩サミットでは財政政策の重要性に言及したかたちでG7首脳宣言を採択し、株式市場も本来であれば政策期待相場の流れが形成されるところだ。日経平均株価は円安が進行したこともあって… [ 記事全文 ]

    株式評論家 植木靖男氏
  • 小川英幸氏

    半導体製造設備関連や建設関連に注目

    05月30日(月) 19時00分

     6月は、2日にOPEC総会、14日と15日に米国FOMC、23日に英国の国民投票と、注目されるイベントが盛りだくさんだ。一方で、国内に目を向けると、消費増税の再延期はほぼ決まった模様であり… [ 記事全文 ]

    光世証券 本店コンサルティンググループ 課長代理 小川英幸氏
  • 高橋春樹氏

    政策の3点セットを評価し1万8000円回復も

    05月30日(月) 18時30分

     日経平均株価が、終値で4月27日以来約1カ月ぶりに1万7000円台を回復してきた。このところの全体相場の上昇は、これから打ち出される複数の政策を先取りして織り込んでいるようだ。… [ 記事全文 ]

    三木証券 執行役員 商品副本部長 高橋春樹氏

相場観特集バックナンバー

燻る政策期待、漂流相場の先に待つのは?
(2016年05月23日)
決算発表一巡! ズバリ狙いたい有望株
(2016年05月16日)
企業業績から占う相場展開と注目株
(2016年05月09日)
日銀ショック! 大荒れマーケットを読む
(2016年04月28日)
好転する市場ムード、“希望”と“死角”
(2016年04月25日)