暗雲振り払えるか、新年度相場!

円高加速・外国人大量売りで思惑錯綜

2016.03.18号

 3月も中旬を過ぎ、東京株式市場もいよいよ期末の着地点を意識する展開となってきた。同時に4月から始まる新年度相場の行方にマーケットの思惑が錯綜する。金融や財政などアベノミクスへの政策期待も絡め投資家の興味は17年3月期の企業業績に向かう。外国人投資家の売り攻勢や足もと激しく動く為替動向を横目に、方向感が定まらない株式市場の新年度の足取りはどうなるのか、市場第一線で活躍する関係者に聞いた。

【暗雲振り払えるか、新年度相場!】相場観特集

  • 檜和田浩昭氏

    5月大型連休までに1万8000円への戻りも

    03月18日(金) 20時20分

    外国為替市場では1ドル=110円台後半まで円高・ドル安が進行している。過去、日本市場の3連休に円高が進行したケースも多く注意が必要だ。ただ、現状以上に円高・ドル安が進行した場合… [ 記事全文 ]

    東洋証券 マーケット支援部長 檜和田浩昭氏
  • 鈴木英之氏

    新年度に向け株価は回復局面へ

    03月18日(金) 19時40分

    急激な円高が進んでいるが、新年度に向けて日本株への再評価も期待できそうだ。日経平均株価のレンジは、今後1カ月程度では1万6500~1万8000円前後。新年度の1年間をにらめば、2万円を回復する場面はあるとみている。… [ 記事全文 ]

    SBI証券 投資調査部長 鈴木英之氏
  • 太田千尋氏

    消費増税延期なら株価上振れ期待も

    03月18日(金) 19時00分

    新年度相場については、秋ごろまでは低調ながら年度後半は持ち直す展開を想定している。まず一つのヤマ場となるのは、4月下旬から5月にかけて企業の16年3月期決算発表が出揃う時期であろう。… [ 記事全文 ]

    SMBC日興証券株式会社 投資情報部 部長 太田千尋氏

相場観特集バックナンバー

日米欧・金融会合後のマーケット!
(2016年03月11日)
日経平均661円高! 今後の相場を読む
(2016年03月02日)
反転上昇なるか? 3月期末相場
(2016年02月26日)
5つのリスクで占う株式市場
(2016年02月19日)
決算佳境、波乱相場の今後は!
(2016年02月05日)