2016年の株式相場はどう動く

波乱の幕開け、嵐の先に見えるものは?

2016.01.05号

 2016年の株式相場は、世界同時株安の様相を呈する波乱の幕開けとなった。サウジアラビアによるイランとの国交断絶に伴う中東での地政学リスクの高まり。さらに、中国経済指標の悪化を受けて上海など中国株式の急落も重なり、売りが売りを呼ぶ展開となっている。こうしたなか、中長期視点で見て今年の東京株式市場はどう動くのか、第一線の専門家に見通しを聞いた。

【2016年の株式相場はどう動く】相場観特集

  • 馬渕治好氏

    強調展開で年央高値を目指す

    01月05日(火) 19時00分

    東京株式市場は波乱の幕開けとなったが、2016年相場は総じて強気にみている。大発会の急落は、中国株が7%の下落でサーキットブレーカーが発動、取引停止に伴いアジア市場でも流動性の高い日本株がヘッジ売りで下げるという需給的な背景があった。… [ 記事全文 ]

    ブーケ・ド・フルーレット代表 馬渕治好氏
  • 高橋春樹氏

    PER13.5~17倍のレンジで推移

    01月05日(火) 18時30分

    大発会大幅安の背景のひとつに、中国経済指標の悪化による上海総合指数の急落があげられている。世界経済は“元安”が進行することを懸念している。… [ 記事全文 ]

    三木証券 執行役員・商品本部長 高橋春樹氏
  • 清水三津雄氏

    アベノミクス正念場、前半高・後半安も

    01月05日(火) 18時00分

     4日の東京株式市場は大幅安でのスタートとなった。中国景気不安や中東の地政学リスクなどが懸念要因とされた。ただ、一昨年や昨年も年初は値を下げて始まっている。… [ 記事全文 ]

    日本アジア証券 エクイティ・ストラテジスト 清水三津雄氏

相場観特集バックナンバー

来年の株式市場を読む!
(2015年12月25日)
米利上げ後の市場を読む
(2015年12月18日)
原油安とマーケットの行方
(2015年12月11日)
ショック安後の相場を読む
(2015年12月04日)
郵政3社 投資戦略はこれだ!
(2015年10月28日)