市場ニュース

戻る

【通貨】欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米減速懸念でドル売りも円売りが下支え

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

26日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米国内総生産(GDP)の伸びが鈍化すれば、引き締め後退への思惑で米金利安・ドル安に振れやすい。ただ、日米金利差により円売りは根強く、ドルは下げづらい値動きが予想される。

前日の取引で米10年債利回りの低下によりドル売りが強まると、ドル・円は129円20銭台に失速。一方、欧州中銀(ECB)による大幅利上げ観測でユーロ買い優勢となり、ユーロ・ドルは1.0920ドル台に強含む場面もあった。本日アジア市場はおおむねその流れが受け継がれ、ユーロ・ドルは底堅く1.09ドル台を維持している。ドル・円は朝方に値を戻した後に下押しされたが、日銀による緩和政策維持を背景に円売りが相場を支えた。

この後の海外市場は米国経済を見極める展開となりそうだ。今晩発表の米10-12月期国内総生産(GDP)は前期比年率+2.6%と7-9月期の+3.2%から下振れの見通し。来週開催の連邦公開市場委員会(FOMC)に向け引き締め後退観測を後押しする内容となれば、金利安・ドル安が進む可能性がある。また、ECB当局者のタカ派姿勢を背景としたユーロの底堅い値動きもドルを下押ししよう。ただ、ドルは129円台で買戻しが入りやすく下げづらい。

【今日の欧米市場の予定】
・22時台 南ア中銀が政策金利発表(0.50ポイント引き上げ予想)
・22:30 米・10-12月期GDP速報値(前期比年率予想:+2.6%、7-9月期:+3.2%)
・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:20.5万件、前回:19.0万件)
・22:30 米・12月耐久財受注速報値(前月比予想:+2.5%、11月:-2.1%)
・22:30 米・12月卸売在庫速報値(前月比予想:+0.5%、11月:+1.0%)
・22:30 米・12月シカゴ連銀全米活動指数
・24:00 米・12月新築住宅販売件数(予想:61.1万戸、11月:64.0万戸)
・03:00 米財務省・7年債入札

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク