市場ニュース

戻る

【材料】サイバー---もみ合い、決算下振れも株主優待制度導入が下支えに

サイバー <日足> 「株探」多機能チャートより

サイバー<4751>はもみ合い。前日に第1四半期の決算を発表、営業損益は13億円の赤字となり、前年同期比211億円の損益悪化。市場予想も40億円程度下振れている。「FIFAワールドカップ」関連費用の計上が響く形だが、ゲーム事業の売り上げの落ち込みも想定以上と捉えられている。一方、株主優待制度の導入を発表、100株以上の株主に対して、「ABEMA」プレミアム利用料の3ヵ月無料クーポンを贈呈としており、下支えにつながる形にも。
《ST》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク